Q&A

Q.建築の工法は何ですか?

A.木造在来工法です。木造軸組工法とも呼ばれていますが、基本的な工法としては、基礎をつくり、その上に土台を敷き、柱・桁・梁や筋交いなど木の軸組みを建てて建物を支える構造で造られる建築物です。

Q.契約金の支払回数と金額について教えて下さい。

A.一般的に、契約・上棟・中間・完成の4回に分けています。契約金は、請負金額の10%です。

Q.着工から完成までの期間はどれ位ですか?

A.建物の大きさや内装の仕様によって差が出ますが、40坪で約4ヶ月から5ヶ月位です。

Q.平均坪単価を教えて下さい。

A.坪単価表示においては、これという定義づけの決まりはありません。本体工事価格とは、文字通り家の本体であり、柱・壁・屋根・基礎などにかかる費用です。

しかし、電気・ガス・水道・浄化槽などの工事費用が含まれていないのです。この含まれていない工事が、付帯工事価格と呼ばれています。 同じ40坪の家でも付帯工事価格が100万円の人もいれば300万円の人もいます。

この他に、オプション工事価格というように種類があります。そして、坪単価はおおむね本体価格だけを割り算している場合が多いようです。

仮に、2000万円の本体価格に対して延床面積40坪だけで計算した場合、坪単価は50万円です。しかし、バルコニーや犬走り・玄関ポーチを入れると総床面積が50坪になる場合、坪単価は40万円です。坪単価表示に決まりがない以上、どちらが正しい表示方法であるとは言えないのです。

この他にも、工事中の足場・仮設トイレや駐車場の確保・吹き抜けには床がないのに施工面積に数えるなど、家の単価に入れるか否かで坪単価には大きく差が生じます。

坪単価という考え方は、資金計画を立てる為の一つの目安にはなると思いますが、やはり総額いくらまでと決めて、建築相談をされるのが良いと思います。

余りにも安すぎる坪単価に出会ったら内訳をよく質問してどこまで含まれているのかを確認する事をお勧めします。

Q.シックハウスの問題は大丈夫でしょうか?

A.出来るだけ自然素材にこだわって建築していますので、少ないとは思いますが0ではありません。後から持ち込まれる家具やカーテン・防虫剤・芳香剤・洗剤なども化学物質を発散するものがありますので、注意が必要です。

Q.地震には強いでしょうか?

A.設計に基づき法令46構造耐力上必要な軸組のチェックを行い十分な耐力壁が確保されていますのでご安心下さい。

Q.手抜き工事などが心配ですが、大丈夫でしょうか?

A.弊社は昭和28年創業以来、日本古来の伝統的な建築工法で初代である父とその弟子達総勢15名で築きあげて来た会社を引き継ぎ、現在2代目である私と愛弟子7名で、木にこだわった家造りを追求し続けています。技術を売る商売です!ご安心下さい。

Q.どの様な家造りを心がけていますか?

A. 弊社は、町の小さな会社ですが、大手ハウスメーカーとは違い“木”天然素材にこだわりを持って仕事をしています。

私にとって仕事とは“一生勉強だ”と自分に言い聞かせ、常に初心を忘れず時代に合った新しい技術を取り入れ、さらに伝統の技を磨きお客様に信頼される工事をする事が全てだと考えています。

そこに住む人の幸せ・喜び・人の営みを考えると「住まいはお客様のためのものであり、我々の自己満足的な作品であってはならない」と肝に銘じ、お客様の生き方に触れ共感する事で初めて家という形になると考えています。

私達は、家だけを造る会社ではなくお客様からの要求・悩みや問題をしっかりと受け止め、お客様にご満足頂ける住まい造りを追求していきます。

Q.アフターサービス及びメンテナンスは大丈夫でしょうか?

A.昭和28年創業以来、地域の皆様からの厚い信頼を頂いており、6ヶ月・12ヶ月・24ヶ月点検を行い迅速な対応をモットーとしております。

Q.見積は無料でしょうか?

A.基本的に無料です。お気軽にお問い合わせください。

住宅資料請求はこちら

住宅見学会(栃木県)はこちら

 

▲このページのTOPへ